木材をつかった注文住宅を建ててもらうなら|住友林業が最適

足を運ぶことが大切

つみき

住友林業は住宅メーカーでも古くから知られている老舗メーカーで評判良い会社です。住友林業では注文住宅から分譲、さらには賃貸住宅まで幅広く手掛けていますが、この会社の最大の特徴は家の素材である木材にあります。これは住友林業が住宅と木材販売事業の2本柱で経営している事が理由です。マホガニーやチーク、オークやクルミ等、質の良い木材を使って住宅を建てる事が可能になっています。日本国内に森林を自社所有している事からも木材にはこだわりがあり、建築手法も木造軸組工法を主力としています。住友林業では全国に展示場やショールームがありますので、注文住宅を検討している場合は一度そこに足を運んでみる事が大切です。またライフスタイルに応じて注文住宅を建てれるように考えられています。都市での3、4階建てを想定した場合や、地方での平屋住まい、そして二世帯住宅など、それぞれの家庭の状況に合わせて注文・設計が可能です。注文住宅を建てる場合に他社と大きく違う点は、敷地調査にお金がかかる事です。ただしその後の設計においては自由度が高くなっています。またこの会社の大きな特徴は1級建築士の数が群を抜いて多い事です。このように住友林業は木材を使い、設計の自由度は高いと言えますが、その分費用は他のハウスメーカーよりも坪単価が高くなっています。住宅購入にあたっては購入後のメンテナンスも重要です。その点も踏まえて複数のハウスメーカーに相談をして、比較する事も重要です。